サイクリング・レビュー

サイクリングに関する様々な知識や楽しみ方を紹介していくサイトです。

木曽長良背割堤の桜並木でお花見 20180410

f:id:werty852z:20180928215051j:plain

桜の季節は、毎年のように木曽長良背割堤まで自転車で花見に来ています。今年はブロンプトンとダホンの2台でポタリング気分の花見漕ぎをしてきました。

 

【広告】  

木曽長良背割堤

f:id:werty852z:20180928221845j:plain

木曽長良背割堤は、岐阜県海津市海津から愛知県愛西市の立田大橋までの約10キロにおよぶ、木曽川と長良川に挟まれた堤防道路です。

国土交通省の河川管理事務所によって管理されている道路で、出入り口には厳重なゲートが設置されているので、ゲートの鍵を持たない自動車は出入りできないようになっています。そのため、堤防道路を走る車はほとんど無いので、歩行者や自転車の天国となっています。

 

背割堤の桜並木

f:id:werty852z:20180928215056j:plain

背割堤の桜並木は、木曽長良背割堤の海津市側にあり、管理用のゲートから南下した東海大橋までの約2キロの間に250本の大きな桜の木が並んでいます。

菜の花と同時に開花すると、黄色のじゅうたんにピンクの桜並木を楽しむ事ができますが、今年は少しずれてしまったようです。

 

ブロンプトンと桜

f:id:werty852z:20180928220323j:plain

今年の3月に買ったばかりのブロンプトンS6Lと桜のショット。

ブロンプトンは超コンパクトに折りたたむことができるので、自動車に積むときも、助手席や後部座席の足元に収める事が可能です。ダホンスピードファルコだと、足元に入れることは不可能です。

 ブロンプトンについては以下の記事で紹介しています。

www.cyclingreview.net

 

 

ブロンプトンとスピードファルコ、そして桜

f:id:werty852z:20180928215059j:plain

ブロンプトンとスピードファルコを乗り比べてみました。
当然ですが軽快さやスピードはスピードファルコの勝ちです。そもそもホイールが20インチ451と16インチではぜんぜん大きさが違いますしね。

ただし、桜を見ながらのんびりと走るには、どちらの自転車でもさほど違いはありません。青い空、薄いピンク色の桜、春の穏やかな気候、それらを堪能しながら、2台でのんびりと車の来ない堤防道路を走っていると、幸せいっぱい感じることができました。

以上、「木曽長良背割堤の桜並木でお花見 20180410」でした。

【広告】